図書館からのお知らせ

2018.11.24

イベント

「ビブリオバトル2018 in SASEBO」を開催しました

11月10日(土)にアルカスSASEBOで「ビブリオバトル2018 in SASEBO」を開催しました。

ビブリオバトルとは、バトラーがオススメの本を持ち寄って5分間で紹介し、
それを聞いたオーディエンスが一番読みたい本に投票してチャンプ本を決定する「知的書評合戦」です。
昨年と同じく佐世保市立図書館との共催で、第7回させぼ文化マンスのメイン期間に一般市民向けイベントとして企画しました。
当日は、市内での予選会を勝ち抜いた6名のバトラーが集結し、熱い戦いを繰り広げました。
ディスカッションタイムでは、約80名のオーディエンスの皆さんから様々な質問が飛び交いました。
今回紹介された本は、下記の6冊です。

①「太陽の塔」森見登美彦/著 、新潮社

②「New Scientist起源図鑑 」グレアム・ロートン/著、ディスカヴァー・トゥエンティワン

③「謎の独立国家ソマリランド」高野秀行/著 、本の雑誌社

④「ゲンタ!」風野潮/著、ほるぷ出版

⑤「こころの処方箋」河合隼雄/著、新潮社

⑥「なぜヒトは学ぶのか」安藤寿康/著 講談社

そして、見事チャンプ本に輝いたのは・・・河合隼雄著「こころの処方箋」でした。
おめでとうございます!!

今大会の結果は、佐世保市立図書館のホームページも紹介されていますので、ご覧ください。
図書館では、今後もビブリオバトルの魅力を発信していきたいと思っています。
沢山のご来場ありがとうございました。 https://www.library.city.sasebo.nagasaki.jp/opw/OPW/OPWNEWS.CSP?ReloginFlag=1&CLASS=1&DB=LIB&IDNO=100682&LIB=&MODE=1&PID=OPWNEWSLIST&TKAN=