図書館からのお知らせ

2020.11.02

システム

国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの開始

デジタル化資料送信サービスとは、国立国会図書館でデジタル化した所蔵資料と収集したデジタル資料を
検索・閲覧・視聴できるシステムです。
当館も2020年11月から送信サービス参加図書館となり、350万点以上の収録物のうち
インターネットで利用できる資料と、図書館送信資料を利用することができるようになりました。※学内者限定
複写箇所が特定できる場合は、複写サービスも利用できます(音源、映像、電子書籍・電子雑誌を除く)。
詳しくは下記のページを参照されるか、2階カウンターまでお問い合わせください。

利用時間:平日 10:00~16:30
利用場所:図書館2階 OPAC専用端末
複写料金:白黒 10円/枚、カラー 20円/枚


図書館ホームページ > 資料を探す > データベース > 図書館向けデジタル化資料送信サービス https://www.ndl.go.jp/jp/use/digital_transmission/index.html